スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンダの珍道中(Mission in Possible) 

皆さーん、きょうもお元気ですかぁ~?


       


                            テニアンビーチで今日のmichiです。↑


久々に「いらしゃーいテニアン」頃の気分でちょびっと更新しちゃいます。


題名が「パンダの珍道中」ですが、ご存知の方はいいんですが「パンダ」と言っても上野動物園にいる珍獣のパンダではないのよね。


パンダは我が家の珍獣、、じゃなかった愛犬の「パンダ」と言う名前の犬なのよね。


そのパンダが起こした我が家の大事件のお話なの。


 


それは、今年の正月も明けたばかりの1月2日のことだった。


毎年テニアンにダイビング+遊びに来るお友達のケンチャンと娘のエリカと共にパンダを連れてブレークウォーターに行きました。


      


      パンダの犬掻きはNO1なの。海を見ると飛び込んで行きます。


パンダがひと泳ぎしたところで、私達はケンチャンがまだ行った事がないというのでバルシーナスの丘にある「小川砲台」に行く事にしました。テニアンビーチに入る道で、すぐ二股に分かれる道を右に曲がり、バルシーナスの海を左に見ながらなだらかな丘を登って行きます。


     


登りきった丘の上には展望台があり蒼い澄んだ海が見渡せるの。それは素晴らしい景観なのよ、、、、、とその景観をまず見ようと展望台に向かって歩き出すと、チョロチョロと落ち着きのないパンダは一番先頭を展望台に向かって一目散に走って行ったの。


そして、、、


 


そして、、、突っ走って柵をくぐったパンダの姿が一瞬の内にき、え、た、、、の、、。


     


エリカ: ママー、パンダは???


michi:えー、、走ってったよ、柵の向こうに。


エリカ:げーっ!うっそー。その先って崖だよ!ガケ、GAKE、がっけー!


ケンチャン:???(なんだか事の様子をわかってない。)


michi:呼べば帰ってくるでしょー。(もっとわかっていない。)


エリカ:帰ってこないってー。だからぁ、ガケだってば。


私はその事実を信じたくないが、安全の為ケンチャンの手をしっかり握って恐る恐る柵をくぐって見てみたら、、、、、


      


               ホントに崖だった!


それも軽く20メートル以上はある90度に切り立った崖だった!


その瞬間、まるで尻の穴からすーーっと風が入ってくるような、、あ、失礼。でもマジで鳥肌が立つ思いだったわよ。頭の中ではパンダの死体が崖下に転がっていることで一杯になったが、無我夢中でパンダの名前を呼びまくりました。


すると、、あいつは以外にも元気に崖下から私を見上げていたのでもう、びっくり!


michi:生きてるよ!パンダが見えた!あのアホー、クソー、ドジ!


といつになくお下品なお言葉を発したはいいが、どうやってパンダを連れ戻すか私の頭の中は爆発寸前だった。


続くを読んでね。↓


 


    

続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。